人材紹介会社を利用する

求人情報を見つける方法を紹介してきましたが、ここではその情報収集源となる、人材紹介会社について紹介をしたいと思います。
人材紹介会社は民間の職業紹介会社のことで、コンサルタントが登録者の適正をみて企業を紹介してくれます。
紹介料は内定が決まった後でその会社に請求されるので、登録者は無料で安心して利用することができます。
非公開になっている求人や、その会社の内部の情報なども教えてくれるところもありますので、積極的に利用するように心がけましょう。
会社によってカウンセリングの内容は大きく異なっています。
ただ、会話の中でカウンセラーが情報としてほしいのは「希望する業界や職種」、「業務スキルと経験」、「希望の条件」などです。
まずは具体的にやっていた仕事の内容やその取り組み方から、その転職理由、条件の確認などの質問から情報を判断していきます。
その上でアドバイスや適切な企業の紹介を行ってくれます。
人材登録会社には2つの種類があります。
転職者の希望の経歴などの情報を事前に登録しておき、企業の依頼で人材を引きあわせる登録型の人材登録会社と、企業に依頼された人材をヘッドハンティングするスカウト型の人材登録会社です。
一般的にはスカウト型の人材登録会社がよりスキルの高い人材を求めているケースが多いようです。
人材紹介会社は企業側の提示した条件が最優先になります。
そのため、自分のスキルがそのレベルまで達していなければ、当然紹介されるのは難しくなります。
逆に、自分に売りのあるスキルがある場合には、通常の求人よりも良い待遇での紹介があります。
また、同時に複数の企業のセッティングがされる場合もあります。
人材紹介会社だからといって、待っていれば仕事がもらえるというものではありません。
積極的にカウンセラーと相談をし、より多くの企業と話し合いができる環境を作ってもらうようにしましょう。